保険のビュッフェに聞きたい、老後の介護問題と用意しておきたい貯蓄額は?

老後の費用の目安を把握

年齢とともに自分でできることは少しずつ少なくなり、認知症を発症した場合には専門的な支援も必要となります。一時的な出費として90万円程度、さらに施設の利用・福祉用品・介護消耗品などの費用を含めると、かなりの金額になるでしょう。ただし、介護保険適用対象のサービスなら、現行法では本人負担は1割程度です。

1か月の平均的な老後に必要なお金は、介護保険の適用があれば7~8万円程度と言われています。老後のケアは1年だけのものではないので、長期化するほど費用が掛かると考えておいたほうがよいでしょう。

 

老後の貯蓄に備えて相談するメリット

医療保険や生命保険は、万が一の時の助けになりますが、できれば貯蓄性のある保険商品の方が良いと考える人も大勢います。これは、定年などを迎え年金以外の収入がなくなって、さらに老後のケアが必要になると出費がかさみます。自分自身で探せない方の中には、保険のビュッフェで老後も安心の保険について相談しています。

保険のビュッフェには、ライフプラインに合わせた保険のアドバイスが受けられます。ファイナンシャルプランナーがお金にまつわる知識を持っているので、ケースバイケースの相談に対すするのがメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です